MATT MURTON
希望のお米プロジェクト活動報告
お米プロジェクトマップ
 昨年、阪神タイガースのマット・マートン選手と協力して行われた「希望のお米プロジェクト」がほぼ終了しましたので、その概要を報告します。

捧げられたお米
 マット・マートン選手の提供してくださったお米の他に、気仙沼聖書バプテスト教会から支援米の一部、飛騨高山・室根・宮城の有志からの提供がありました。

配布実績
 一関ベースが中心となって行われた働きのため、普段関わりの多い一関エリア(一関・気仙沼・陸前高田)に集中しました。また、この支援米の配布をきっかけに、これまで関わりの少なかった陸前高田の小規模の仮設住宅団地にも伺うことができました。
 一軒一軒訪ね歩きながら配布されたお米は1,598世帯分、およそ3.2トンに達しました(2014.1.29現在)。

協力
 お米を配布するためには、小分けの作業、メッセージの書き込み、トラクトの準備、配布作業など、多くの助けが必要でした。専修大北上高校野球部有志、北上市や室根町有志の方々、Liferayボランティアチーム、名古屋CCC(キャンパスクルセード)チーム、関西福音自由教会チーム、ドイツIMPACTチーム、北上聖書バプテスト教会、他ベースに滞在してくださった個人ボランティアなどのご協力をいただきました。またトラクトの増刷にあたっては、気仙沼聖書バプテスト教会、JEA(日本福音同盟)の支援を頂きました。

この投稿文は次の言語で読めます: 英語