岩手の被災教会と地域を支援する教会・団体のネットワーク
| English | Japanese |
NEWS
  • HOME »
  • NEWS »
  • 祈りの課題

祈りの課題

最初の全体ミーティングから5年

東日本大震災の後につくられた「3.11いわて教会ネットワーク」の最初の”顔を合わせての”全体ミーティングが行われたが5年前の2012年1月21日でした(ネットワーク設立から10ヶ月も経ってました!)。

あけましておめでとうございます

おくればせながら、あけましておめでとうございます。 本年も3.11いわて教会ネットワークをよろしくお願いします。 各エリアで活動しているスタッフ、協力牧師、協力宣教師、協力団体の皆さんの健康と働きが守られ、よくお仕えできますようお祈りください。 また、ご支援くださる皆様のさらなる祝福を、ここ岩手からお祈り申し上げます。 早速ですが、明日、1月13日(金)ローカルのニュース番組(岩手放送テレビ/18:15〜)内で、当ネットワークで協力宣教師として宮古を中心に活動しているキャサリン・ポーターさんを取材した特集が放送されます。視聴できるのは県内のみとなりますが、良いかたちで用いられるようお祈りください。

ありがとうインパクトチーム!

10ヶ月におよぶ日本での働きを終えたインパクトチームが岩手を離れ、まもなくドイツへの帰国の途につきます。 三回目となる今回のチーム4人は、一関市千厩町にある一関ベースを拠点に、気仙沼、一関、陸前高田と広いエリアで支援活動 …

九州のための祈り、今週の活動

熊本、大分での地震によって被害を受けた方々、諸教会の皆様へ心よりのお見舞いを申し上げます。 いまなお余震への警戒がゆるめられず、緊張とお疲れの中にあることを覚えます。 多くの方々が、必要な援助を届けようと懸命にがんばっておられます。そうした支援の手が、速やかに、確実に、必要としている方々に届くよう祈っております。 また、九州の諸教会は教派を越えて、被災した地域の方々にお仕えしようと「九州キリスト災害支援センター」を立ち上げ、全国諸教会からの支援の窓口となり、また情報発信をしてくださっています。私たち3.11いわて教会ネットワークも、県境と国境を越えた数えきれない多くの祈りと支えによって、今なお仕えることが許されていることを改めて感謝します。 今週も岩手のために多くの祈りが捧げられ、奉仕が捧げられていることを心から感謝します。

4月第2週の活動

4月第二週は県内に雪が降り、驚きのスタートでしたが、各地で桜の開花もありました! 今週も国内外からのボランティアを迎え、各エリアで活動が行われております。どうぞお祈りください。

4月第一週の活動

新年度になりましたが、各エリアでは変わりなく今週も活動が続けられています。異動のあった山田・釜石エリア、一関エリアの皆さんがはやく現場に慣れ、よくお仕えできるよお祈りください。

1月第二週の活動

いつになく暖冬の岩手ですが、今週は久しぶりに冬の寒さが戻って来ました。年末年始にお休みをとっていた各エリアのスタッフたちも戻って来て、本格的に活動が再開しております。今週は11日(月)に東京・淀橋教会で行われた「東日本大震災復興支援超教派一致祈祷会」で若井和生師が岩手の状況を報告してきました。

あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。 2016年もみなさまと共に岩手の沿岸被災地での働きを継続していきたいと願っております。変わらぬ祈りとご支援をよろしくお願いいたします。 2016年は震災からまる5年が経過します。様々な意味で「節目」と言われることになると思われますが、個々人の状況や地域のかかえる課題は多様です。それぞれに相応しい復興の歩みとなるように。また私たちが相応しく寄り添って行けるようにぜひお祈りください。

Page 1 / 1212»
  • メールでお問い合わせはこちら


Weather

過去の記事

Ambient Dose

μGy/h
Morioka: 0.027
Hanamaki: 0.036
Ichinoseki: 0.053
Ohfunato: 0.049
Kamaishi: 0.043
Miyako: 0.047
Kuji: 0.043

Date/Time 2015-02-10 / 11:00
  • facebook


  • Recent Comments

    Copyright © 3.11いわて教会ネットワーク All Rights Reserved.
    Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.