第5回「3.11集会」が行われました

160313_311集会去る3月13日(日)北上聖書バプテスト教会を会場に第5回「3.11集会」が開催されました。以下は近藤愛哉師のフェイスブック投稿からの引用です。

3/13(日)、岩手県内の諸教会から140人が集まって開催された「第五回3.11集会」。この3月で岩手を離れて関東に移る若井和生牧師を通して語られた岩手・三陸沿岸宣教の歴史。今、取り組まれている震災後の働きは、150年以上にわたる先人たちの働きと祈りの延長上にあることを覚える。
 集会に参加していた多くの子供たちの存在が頼もしい。私たちの祈りもまた次の時代へと引き継がれていくのだろうから。 神の主権の下に紡がれていく歴史の担い手は、時代毎にそこに置かれた者たちの手に。

Follow me!

この投稿文は次の言語で読めます: enEnglish (英語)