3/31 キャンパスクルセード 気仙沼支援三日目

キャンパスクルセードチーム総勢16名による気仙沼支援は三日目に入りました。作業は、気仙沼聖書バプテスト教会の千葉牧師の指示の下、被災された教会員宅の泥の掻き出し作業から始まりました。地域の自治会長と顔見知りになったことも幸いし、チームの働きはそのお宅から周辺の地域へと広がっています。ヘドロ混じりの泥の掻き出し、瓦礫の撤去、室内外の清掃等、黙々と働きました。一方、初日に避難所を訪ねた方々は再度、同じ避難所を訪問。あるご婦人から「糸と針が欲しい」と言われていましたが、約束通り、それを届けることができました。キャンパスクルセードチーム総勢16名による気仙沼支援は三日目に入りました。作業は、気仙沼聖書バプテスト教会の千葉牧師の指示の下、被災された教会員宅の泥の掻き出し作業から始まりました。地域の自治会長と顔見知りになったことも幸いし、チームの働きはそのお宅から周辺の地域へと広がっています。ヘドロ混じりの泥の掻き出し、瓦礫の撤去、室内外の清掃等、黙々と働きました。一方、初日に避難所を訪ねた方々は再度、同じ避難所を訪問。あるご婦人から「糸と針が欲しい」と言われていましたが、約束通り、それを届けることができました。

Follow me!

この投稿文は次の言語で読めます: enEnglish (英語)