炊き出しと慰問活動(報告)

去る5月18日(水)大船渡市盛駅前のカメリアホールにて、炊き出しと慰問活動が行われました。
炊き出しを行ってくださったのは松原湖バイブルキャンプの皆さんで、この日のメニューは「とり丼」。さすが日頃から大勢の方々に食事を提供しているだけあって、準備や段取りに抜かりはない。避難所からのリクエストに応えつつ、現場での調理や安全性、配膳のしやすさまで考えてのメニューでした。お味の方も評判で、皆さん「美味しい」「絶品」と声を上げてくださいました。


炊き出しの隣では北上から持って行った古本も自由に持っていただけるようにと並べました。マンガ本とかも持っていっ

たのですが、平日ということもあって子どもの姿はなく、結構残りました。また別な形で活用したいと思います。

他にも衣類や仙台から持ち込まれたタオルなども自由に持っていただきました。

 

 

慰問活動の方は、震災復興支援SBSネットワークの森谷先生の紹介でおいで頂いた、ミッキー・ハワードさんの「ミッキー・タイム」

ステージも用意したのですが、ほとんどの時間を下におりて、皆さんのすぐ近くで歌ったり話しをしたり、プレゼントをお配りしたりと、とても親しい感じの時を過ごしていました。

ほとんどの方には喜んでいただけたと思うのですが、「布教活動をしている」と感じられた方もあったようで、提示の仕方や事前の打ち合わせをもう少ししっかりしなければと反省点もあります。

【当日の参加者】

松原湖チーム(7名・チームリーダー:杉江真先生)

仙台チーム(4名・ミッキーさん他)

北上チーム(5名・リーダー:佐々木)

*北上から参加したうちの一人は、ご親戚が大船渡、陸前高田で被災しておられる方でした(教会メンバーではありませんが、今回の活動を聞きつけて参加してくださいました)。

Follow me!

この投稿文は次の言語で読めます: enEnglish (英語)