6月13日 陸前高田視察

本日、陸前高田を再度訪問。瓦礫の撤去は若干進みましたが、仕事はまだまだ山のようにあります。地震後三ヶ月が経ちましたが、いまだ復興のスタートラインにすら立っていないというのが実感です。

一方、陸前高田では現在、ハエが大発生していると聞きました。今後、夏に向けてハエ、蚊などの虫が増えてくることが予想され、虫を媒介とする病気が流行ることも懸念されています。ボランティアに駆けつける方は虫対策をしっかりとして来て下さい。また陸前高田ではハエたたき、ハエとりテープ、蚊取り線香など虫対策グッツが必要とされています。

陸前高田では長期で働けるまかないさんを求めていましたが、避難所から仮設住宅へと人々が移り住んでいる現在、その必要はなくなりつつあります。

住田町の大股地区公民館が地域の宿泊拠点として開かれています。また、サマリタン・パースが同じ住田町に宿泊拠点となるベースキャンプを築きました。住田町から大船渡、陸前高田までそれぞれ30分くらいです。ボランティアなどの支援活動がやりやすくなっています。

Follow me!

この投稿文は次の言語で読めます: enEnglish (英語)