4月第一週の活動

新年度になりましたが、各エリアでは変わりなく今週も活動が続けられています。異動のあった山田・釜石エリア、一関エリアの皆さんがはやく現場に慣れ、よくお仕えできるよお祈りください。

新しいスタッフのご紹介

016年4月より、高田さをり師(日本同盟基督教団の教師)が3.11いわて教会ネットワークのスタッフとして、一関ベースに着任いたしました。

おつかれさまでした

この春、3.11いわて教会ネットワークのメンバー、協力団体に異動があります。まずは今月末をもって働きから退かれる方々を紹介します。ひとりひとりの働きに感謝と敬意を表し、また皆様のこれまでのお祈りとご支援を心から感謝します。

第5回「3.11集会」が行われました

北上聖書バプテスト教会を会場に第5回「3.11集会」が開催されました。以下は近藤愛哉師のフェイスブック投稿からの引用です。

間もなく、まる5年

受難節となっておりますが、来る金曜日で東日本大震災からまる5年となります。6年目になると、災害公営住宅の建設がさらに加速し、仮設住宅からの引っ越しも増えて来るでしょう。各地で造成されている高台への移転も少しずつ進むと思われます。復興の実感としては半数以上が遅いと感じているそうです。事業としてのスピードに対し、避難生活をしておられる方々の疲れや不安が上回っているのかもしれません。状況は変わって行きますが、それぞれの地域に応じた働き方を知恵深く見出し、継続してまいります。引き続き覚えておいのりください。
今週の活動は基本的にいつもどおりです。3月11日もそれぞれの場所で、静かに過ごします。ネットワークとしての記念集会は3月13日(日)午後3時から「第五回3.11集会」が行われます。

第5回「3.11集会」のご案内

2月に入り、更新が滞っており、大変申し訳ありません。
今回は、来月に迫っている「3.11集会」のご案内です。

2011年3月11日に発生した大地震によって引き起こされた東日本大震災からまる5年。
被災地にある教会、被災者の方々に寄り添いながら走り続けて来た道のりを振り返りつつ、これからの歩みを祈り求めましょう。

1月第四週の活動

1月も最終週となりました。沿岸被災地各エリアでの働き、スタッフたちのためにお祈りくださり、ありがとうございます。去る1月27日にSkypeにてコアミーティングが行われ、3月に迫っている「3.11集会」の内容や4月以降の動きについて話し合われました。今後も被災地において、人々によりそいつつ、また各地の教会の建て上げや開拓に協力してまいりますので、続けて祈り、ご支援ください。それぞれの詳細については、順次お知らせします。

1月第三週

雪の少ない暖冬・・と気も緩みがちだったところに非常に強い寒波がやってきて各地で突然の大雪に見舞われました。特に沿岸地域では重く湿った雪のために停電になるところが広範囲におよび、冬の寒さの中で大変な思いをされた方々が多くおられました。守られるようお祈りください。
今週は、宮古エリアでの活動も再開し、すべてのエリアで支援活動が動いています。
お祈りいただいた、高橋芳江さんは先週末に退院され、釜石に戻ってまいりました。
キャサリンさんの二枚目のCD制作のためのレコーディングも無事に終えることができました。
嬉しいニュースとしては岩泉エリアで活動中のバークナー師より、1月17日に洗礼式が行われたとのことです。