大船渡グレイスハウス・リフォーム支援のお願い

3.11いわて教会ネットワーク代表 近藤愛哉

2011年3月の東日本大震災発災以来、岩手県の被災地を中心とした教会の働きのために祈り、様々な形で加わり、ご支援くださいましたこと、心から感謝いたします。

『教会が被災地支援の働きの拠点となり、教会が主の宣教のわざを担い、地域に祝福を分かち合い続けることが出来るように』これが東日本大震災以降、一貫した私たちの祈りです。

この度、震災後の教会開拓によって誕生した大船渡グレイスハウス教会が、会堂取得という新たな一歩を踏み出そうとしています。ぜひこの一歩が主のご栄光を表すものとなるようお祈りください。そしてその必要のためにご支援ください。

You will find information in English in the second half of this PDF file

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


seven − 2 =